口臭 寝起き

口臭対策 TOP > 寝起きの口臭が気になる

寝起きの口臭が気になる

寝起きの口臭が気になる人の為に、口臭の解決策について掲載しています。また、寝起きに何故口臭があるのか?という事についても解説。

寝起きに自分の口臭が気になった人は、多いのではないでしょうか?

虫歯なわけでもないのに、歯磨きもきちんとして眠ったのに何故だろう?と、色々と考えてしまうはずです。

寝起きに関係なく、口臭というのは色々な原因が考えられます。しかし、この寝起きの口臭の原因として考えられるのは、唾液でしょう。

寝ている間、唾液の分泌というのは、抑制されています。よって、口腔内にある細菌が増加してしまう事で、口臭を放ってしまうのです。

睡眠後3時間後から、口腔内の細菌は増加していきます。よって、睡眠が8時間ともなればかなりの量となってしまうのは、分かるでしょう。

その事から、起床時の口の中というのはネバネバした状態となってしまうのです。

寝起きの口臭というのは、生理的口臭で「起床時口臭」ともいいますので、問題はありません。

しかし、口臭は誰もが嫌なものです。

勿論、問題のない寝起きの口臭とはいえ、自分に口臭があったなんてという思いになるはずですから。

寝起きの口臭を解消する方法はないものでしょうか?

この寝起きの口臭を解消する一番の方法は、寝起きに歯磨きを行う事です。

また、この口臭を無臭にする方法もあるのです。

それは、歯科医院で歯石やプラークを取り除く事です。

寝る前に、歯をフロスしたり、プラークを取り除いてから寝るのも効果的ですから、是非行ってみてください。