歯茎 出血 口臭

口臭対策 TOP > 歯茎からの出血と口臭

歯茎からの出血と口臭

歯茎からの出血する事と、口臭とはどのような関係があるのでしょうか?ここでは、歯茎から出血する原因と口臭の解決策について掲載しています。

ご存知とは思いますが、歯茎からの出血と口臭というのは、関係しているのです。

口臭には歯槽膿漏口臭という、ひどい臭いを発してしまうものがあります。

歯槽膿漏というのは、歯茎から歯磨きをする際に出血したり、腫れてしまったりするものです。

また、歯肉炎といって歯茎に炎症が起きている場合と、歯周炎といって歯槽骨まで炎症が起きている場合をあわせて、歯槽膿漏といいます。


この歯槽膿漏というのは、日本人にもっとも多い病気となっています。

歯槽膿漏を放置しておくと、ますます口臭が強くなってしまい、歯自体にも大きなダメージを与えてしまうため、最悪の場合歯を失う事にもなりかねません。

それでは、どのような対応をすればよいのでしょうか?


それは、やはり歯磨きでしょう。

正しい歯磨きを行い、歯垢と除去しなくてはいけません。

また、虫歯の場合も早めの処置を行わなければ、歯槽膿漏へと進行してしまうので、口臭の原因にもなってしまいます。

歯茎からの出血くらいで痛みがないからと安心していると、自分では気づいていないだけで、症状が進行している場合も多いのです。

いずれにしても、歯茎から出血をしていて、口臭がひどくなってしまっている場合は、必ず歯科医院で診てもらいましょう。

正しい歯磨きもですが、ビタミンCやカルシウムの補給も大切になってくるので、小松菜などの緑黄色野菜も積極的に摂る様にしてください。